2012年04月12日

効果的に節電する方法



エアコンや冷蔵庫を省エネタイプにしたことで、「我が家の節電対策はOK」と油断していませんか?
省エネタイプにしたことで、安心してしまって、逆に、電気使用量が増えることってありますよ。


継続的に節電を実現するためには、どうしたらよいでしょうか?


科学技術振興機構の山田先生によると、メリハリをつけて取り組むことが有効だということです。


震災以降、夏と冬には、家庭でも消費電力を減らすことが求められています。
これは、電力需要がピークを迎える時間帯に電力使用を少なくするということなんです。


夏の昼間であっても、雨や曇りで気温が比較的低い時は、気にしなくてよいということです。


さらに、自分の家庭に一番ふさわしいオリジナルの対策を見つけることが有効ということです。


消費生活アドバイザーの山川先生によると、
一般的にエアコンでは、冷房より除湿の方が消費電力が少ないといわれていますが、
機種によって異なり、冷房よりも除湿の方が電力を使うこともあるのだそうです。

また、冷蔵庫の場合、中にカーテンをすると、冷気が逃げなくてよいという話を聞いたことがあると思います。
でも、子どもがいる場合など、欲しいものがすぐ取れなくて、かえって扉を開けている時間が長くなるという場合もあります。


ドアポケットが、カーテンによって冷えにくくなる場合もあります。
機種によっては、ドアポケット側の温度上昇を感知して、冷やしすぎるということも起こってきます。



そして、省エネを継続するためには、目標を持って取り組むのが効果的です。
環境経営戦略総研の村井社長によると、家庭の消費電力量を数字で確認し、それをどれくらい減らすのか、目標を明らかにすると、やる気が出るということです。

電力メーターを毎日測り、日々の目標値を決め、目標を達成するためにどうするかを家族で話し合います。
達成したら、外食に出るなど、イベント的に盛り上がりましょう!



夏場の夜間、エアコンをまったく使わずに、睡眠不足になって体調を崩すというのは、よくありませんよね。


エアコンを使う場合、省エネだと思って、しばしば消すというのは、実は、逆効果です。
エアコンは、立ち上がるときに、大きな電力を使います。
オン、オフを繰り返すと、消費電力が大きくなります。


あなたは、冬になると、ヒーターを使っていませんか?
電気の暖房を長時間使うようであれば、オイルヒーターや電気ストーブよりも、エアコンの方が節電になることが多いです。


将来的に収入が減りそうな場合は、事前に二重窓にしておくなどの、対策もありですね。


手軽にソーラーで電気が手に入るコレって、あなたの味方になります。
↓↓↓
【電丸】15Wソーラー発電システムバッテリー/150Wインバーターセット【NK-PS15DX】 太陽光発電でECO【Sograndpower Series】

【電丸】15Wソーラー発電システ
ムバッテリー/150Wインバ…

¥28,800(税込)

太陽光発電でECO【Sograndpower Series】15Wソーラー発電システムシステムバッテリー/150Wインバーターセット【NK-PS15DX】 商品説明 家庭用コンセント家電がインバーターにより150W(※1)まで使える。持ち運びができる太陽光充電…

拡大画像を見る













posted by エイジアン at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。